きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

御簾の柄の長羽織

IMG_4028.JPG
今日は暖かいですねー。
10日(土)11日(日)は、13時〜18時半の営業です。
気持ちの良い週末です、ぜひお散歩がてら遊びにいらして下さいね。

淡いグレーに御簾の柄のアンティーク長羽織。
古典的なモチーフをこんなに大胆にデザインして!
とてもカッコイイ。でも合わせやすい羽織だと思います。
アンティークのお着物にはもちろん、シックな紬着物に合わせてもお洒落ですねぇ。
- | permalink |

きなこ営業日

IMG_4356.JPG
先月末、自分の体調不良と風太の自己免疫性溶血性貧血の再発が重なり、そのままお休みしていました。
大変申し訳ございませんでした。
その後も風太の容態は予断を許さない状態で、本日の血液検査ではさらに貧血が進行していました。

とりあえず、こま切れでも少しずつ様子を見ながらお店を開けたいと思います。
8日(木)・13時〜18時
9日(金)・お休み(風太通院)
10日(土)・13時〜18時半
11日(日)・13時〜18時半

ひとまず日曜日まで、こんな感じでいきたいと思います。
ご来店予定のお客様には、念のため、当日の午前中にブログかインスタをご覧いただき、開店の有無をチェックしてお出かけくださいますようお願いいたします。
お手数をおかけいたします。
どうぞよろしくお願いいたします。

きなこ
- | permalink |

本日休業

風邪による発熱のため、本日23日(火)はお休みとさせていただきます。
申し訳ございません…
よろしくお願いいたします。
- | permalink |

今月のきなこ

IMG_4027.JPG
今月のきなこは、20日(土)〜30日(火)の営業となります!

20.21日は下町まつり。
店頭にてチャリティーガレージセールを開催いたします。
この2日間だけ、営業時間が12時〜18時となります。
お着物や帯が1000円、お洋服の古着や雑貨など100円から。
売り上げは全て保護猫たちの医療費とご飯代になりま〜す!
お天気もよく気持ちの良い週末、下町まつりにいらしたお帰りに、是非お立ち寄りください。

22日〜30日は、営業時間は通常通りの13時〜18時半までとなります。
秋のお散歩にぴったりなアンティーク着物や現代物の紬着物、ちょっと洒落た帯、羽織やコートも入荷しております。
そして、きなこチャリティーカレンダー、いよいよ発売開始いたしまーす!
こちらも売り上げは全て保護猫たちの為に使われますので、皆さま買ってね。
どうぞよろしくお願いします〜。
- | permalink |

テレビ鑑賞

IMG_3909.JPG
5年ぶりにテレビが映るようになった我が家。
風天コンビと一緒に、世界ネコ歩きを観るのが楽しみです。

外で自由に暮らす世界のネコ達を観ていて、胸の痛みが全くないことに気がつく。
人に近寄れば優しく撫でてもらい、話しかけられ抱かれ、人のご飯を分けてもらう猫達。
高度医療や、沢山の猫グッズや、栄養価の高いプレミアムフードはなくても…
その生きる姿に痛みは感じない。
幸せそうに見える。
猫達は、自然や人や他の動物達と共存している。
穏やかな時間の流れの中で。
生きていることを肯定されているように感じる…だからだ。

日本の、特に都市部の、野良猫達はその反対。
人間によって排除される。
ご近所トラブルの原因になり、時に陰惨な虐待の対象となり、ただここで生きることさえ許さない子達が、沢山いる。
痛みがある。
日本の猫は可哀想だなぁ。犬も…。
他の命を肯定しないってことは、人間にも返ってくるから、生きづらいってわけだ。
ぴりぴりして、多様性を認めない、クレームだらけ、ほんとに優しくないのだ。

野良猫だけじゃない。
人の欲望のために産ませられ売られ、飼育放棄されて捨てられて、殺される数の多さ。
異常。
こんな状況なのに、ペットショップもブリーダーも繁殖屋も無くならない。
多頭崩壊、ブリーダー崩壊…ほんとに多いね。
ペットショップから子犬や子猫を買う人もまだまだ…まだまだ多いね。
買う人がいなくなれば、職業は淘汰されるはず。

簡単なことだ。
買う人がいなくなれば、ペットショップもブリーダーも繁殖屋も、職業として成り立たないから無くなる。
自分の家族を最期まで手放さなければ、殺される動物はいなくなる。
そうしたら、誰も保護ボランティアなんてしなくて良い。
要するにやっぱり、人間次第なのだ。
どうしてこんなに簡単な事ができないのかって、人が変わるのは簡単じゃないからなんだろうね。
自分さえよければ良い…っていう、根底にあるものはなかなか変わらないね。
いつになったら、この痛みがなくなるのかなー。
- | permalink |