きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< トラコ おめでとう! | main | タルト頑張れ >>

熊本っ子 ミトン

IMG_4330.JPG
先月25日に、熊本からやって来たミトン。
綺麗なキジ白、ふわふわの毛並み、グリーンの瞳、人懐こくて優しい性格、可愛い可愛いミトン。
熊本県管理センターにいた時の写真では、手脚の毛が抜け落ちて、肉が見えるほどの怪我もしていた ミトン。
毛のない肌色の手脚に、手袋をはめてあげたかった。だからミトンって名前を付けたんだよ。
写真を見て、思った。
昔、神社にすごい甘えん坊で、誰にでも撫でさせる子がいたけれど、前脚を刃物で切断されたことがあった。
人懐こい猫は虐待されることも多いから、この子もそうかなって。
こんなに甘えん坊がどうしてセンターにいたのか。
飼い主に持ち込まれたか。地震で家族と離れ離れになったのか。山に捨てられたとか?
四肢の怪我と脱毛、顔は真菌でハゲ、お腹の中にマンソン、耳ダニ、白い毛の汚れがなかなか落ちない。
すごい!虫や菌のコンプリートだよ。どんな生活してたの?
ガリガリの体。成猫の男の子なのに、3キロしか体重がない。
血液検査したら貧血だった。
きっと、大変な生活をしていたんだね。
マンソンなんて都内では聞いたことないもんね。病院の先生も驚いていたよ。
食べる物がなくて蛙や蛇を食べていたんだろうって。
飢餓状態が長かったから、ものすごい食欲。お腹が空いてお腹が空いて、たまらなかったんだよね。

ミトンは絶対に元飼い猫だと思う。人が大好きで、預かりママさんのあとをくっついて歩いてる。
眠る時は、預かりママの首に巻き付くようにして寝るんだそうです。
誰にでもスリスリして、体をくっつけて落ち着いているミトン。
ずっと気になっていたから、にゃわんさんにセンターから引き出してもらって、本当に良かった。
うちの清志郎に見た目も性格も似ていて、他人と思えなかったんだよ。
君はもう一度、家族が必要だよね。これからずーっと甘えさせてくれる、家族が必要な子!
私の古くからの友人が、ミトンに目を留めてくれました。
優しい友達夫婦と、おっとりした娘ちゃんと息子君の4人家族。ミトンにぴったりの家族だと思う。
お見合い、熊本っ子5匹の中で一番乗りだったんだよね〜。
「この子で本当に良いか、家族で話し合ってみて」って言ったら、間髪入れず「この子が良い!」って言ってくれた〜。
脱走防止柵をどうするか、お家を見させてもらってから、トライアルに入ることになりました!
それまでに、真菌と貧血と肝臓の治療終わらせようね。
- | permalink |