きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もうすぐ1年 | main | 収支報告・12月 >>

体と心について

IMG_4829.JPG
今月、キッシュのトライアル開始でお届け完了した後は、本当に本当にホッとしました。
寝転がっていたら、きなこが体に乗っかって甘えてきて、私の首に触った時に痛みがあり、卵大のシコリに気付きました。
甲状腺嚢胞。祖母の時と同じだ〜。
祖母が亡くなる前、何度も危篤で病院に駆けつけ、心配と疲労でくたくたで、お葬式終わった後にボコっとできて。病院で検査して、注射で抜いてもらったのです。
また病院に行かなきゃあな〜、と思いながら、寝転がったまま、なんとなくバッチ先生の本をパラパラめくりました。
私が過度に心配したり不安や悲しみが大きいと、私のそばにいる猫達にも負担が大きいことだろう。
それは分かっていても、目の前に重篤な病気の子がいれば、可哀想で何とかして助けたいとジタバタして・・・
「丁寧な暮らしなんて、しゃらくさい」と感じるのは、いつもいつもジタバタしている、無様な自分の負け惜しみだと分かってる。ほんとダサいな、私。
そして、うちの子達には申し訳ないことだな。そりゃ具合も悪くなるよね、ごめんなさい。心からそう思いました。
喉の大きなシコリを撫でて、自分の体にもごめんなさいと声に出して謝りました。

その夜はとても夢見がよかったのです。
野原で体を伸ばして寝転がっている私を、高いところから茶トラと三毛の猫が見ていた。
風に吹かれてのんびりして、なにも心配がない、とても良い気分。
目が覚めたら、シコリが半分くらいの大きさになっていたんですよ〜〜。
やっぱり感情なんだな。病気を作るのは自分だな、そうつくづく思ったのです。
それから、思い出したようにバッチのレメディをお茶に入れたりして飲んでいたら、5日目にして嚢胞はほぼ消えました。
お薬でもない、お花を水に浸した物が、どうして体と心を癒すのか、上手く説明はできません。
でもなんの不思議もありません。
知人に「気のせいじゃない?」と言われましたが、プラセボ効果ではなく、正に「気のせい」だからです。
妹は鍼灸師で、体を触ってもらっている時「ここ、詰まってるね」と言われたりしますが、気が滞っているという事かなと解釈しています。
これも私の知人ですが、ヨガをしてマクロビして、とても健康に気を使っていたのに、癌になってしまった。
こういう人ってとても真面目で、こうしなければならないっていう気持ちが強いのではないかな〜。
バッチ先生も盲信してはいけないと書かれています。
宗教であれ健康法であれ、盲信することは危険かなと思います。

私の父は癌闘病中ですが、手術ができなかったことは幸いで、抗癌剤治療もせず、いま毎日仕事もして明るく暮らしています。
父のお友達で、抗癌剤や癌標準治療を選択した方は、皆さん亡くなってしまいました。
父が癌だと分かった時は、家族も大変焦って、西洋医学から東洋医学、最先端医療、そして様々な民間療法を調べ、あれが良いこれが良いと聞けば試して、必死に取り組んでいました。
あの頃を振り返ると、病気のことばかり見ていて、本人を見てなかったと思うのです。
私は、私の猫達に対してもそうだった。病気や数値ばかり見ていて、本猫を置き去りにしていなかったか。
本人がのんびり過ごせること、痛みや苦しみがあれば出来る限り取り除いてあげて、普通に暮らせることが一番大切なことだと、今はそう思うのです。
死は神様が与えた罰ではない。死もまた「自然」なことだと。
そう思えるようになるまで時間がかかりましたが、いまは心からそう思っています。
祖母は亡くなる前の一年ほど、ほぼ寝たきりでした。可哀想でしたが、ずっと人のお世話ばかりしてきた祖母でしたから、最後にお世話されることを経験して亡くなったのかなと思います。
私がいくらジタバタしても、きちんとそれぞれのタイミングで天寿を全うするのだと、今はそう思えるようになりました。

動物達もまた、私と同じように感情があります。
でも、喧嘩した後すぐ仲良く舐めっこしてたりしますよね。感情に囚われない。
ネガテイブな感情が悪いのではなくて、しっかり感じて流せば良いのです。
怒りの感情を抑圧すると、無気力になります。蓋をして見ないようにするのは良くないのですね。
私は、大切な大切なみいが死んだ時、悲しみは恩寵だと心からそう感じました。
心配性で、いつも自分のできること以上のことをしようとジタバタして、泣いたり落ち込んだり、そんな私をいつも変わらず待っててくれる うちの子達。
ごめんね。そしてありがとう。
周りの皆様にも、いつもご心配おかけしてばかりで、本当にごめんなさい。そしてありがとうございます。
私は本当に恵まれている。皆様に心から感謝いたします。
空を見上げて大きく息を吸い込んで、リラックス!
さあ、また頑張るぞ!
先月は仕事も殆どできなかったから(-_-;)今月はつつじ祭りもあることだし、はりきって働きます。

熊本っ子・花丸にも家族を見つけるからね、もうちょっと待っててね。
ちゃこは腎臓が悪くなり始めていましたが、クラブアップルのレメディでおしっこが沢山出るようになり、何より私がリラックスしていると傍でゴロゴロ落ち着いて良い感じです。
天晴も元気。毎日「大好き、かっこいいね、えらいよ!」と話しかけています。
それにしても、いつもマイペースで、誰のことも可愛がらず、嫌なことはせず「仕事なんかしてないで私を抱っこせよ!」と鳴きまくり、好きな物を少しだけ食べ、一番元気な、きなこ。さすがです。
- | permalink |