きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春の嵐 | main | 収支報告・12月 >>

春の嵐・つづき

image1.jpeg
緊急入院になったモコ太郎。
腎臓の数値が、ものすごいことになっていました。
何もしなければ数日で死ぬだろう、というレベルです。
1週間を目安に、入院して静脈点滴で流し、数値を下げなければいけませんが、どこまで下がるか。厳しいと思いました。
トライアルも決まったというのに……
どうしてこんなことになるんだろう。

ワクチンの後から、ご飯を残すようになったのが気がかりでした。ワクチンの副作用?
おしっこは出ていたそうだから、石が詰まって急性腎不全になった可能性は低そう。
もともと腎機能が落ちていたところに、ワクチンをして悪化したという事は無いだろうか。
ワクチンの副作用を調べていて、腎不全とあった。大変なことをしてしまった。
たまたまかもしれない、関係ないかもしれない。でも……

モコ太郎は保護時とても元気だったし、太っていて食欲も旺盛。これ以上太らせないようにと獣医さんに言われたくらい。
クロ太郎は保護時に具合が悪かったため血液検査しました。
ピノコは子宮水腫の手術の前に血液検査済み。
ふたりとも腎臓の数値は悪くなかったため、同じくらいの歳だろうと言われたモコ太郎も、きっと大丈夫と思ってしまいました。
ワクチンの前に血液検査をするべきでした。

外は春の嵐。激しい雨の音を聞きながら、茫然となりました。
私が保護したことで、モコ太郎の命を縮めることになったのではないか……
個人での保護は限界がある。キャパオーバーな事をするからこうなる。
モコ太郎の血液検査も、トライアル前にした方が良いと思いながら、情けない事に医療費に回すお金がなかったんです。
モコ太郎にも、部屋を移動させる事になったトラコにも、1日のほとんどを独りぼっちでいるクロ太郎にも、白血病のリスクを(たとえ僅かだとしても)負わせてしまったうちの子達にも、申し訳ない。
私が保護しない方がよかったのか?
でも、だれも、彼等をお家に入れてくれなかった。
仕方がない。餌やりさんだって、保護できないからずっとご飯をあげてくれていたんだもの。
私も仕方がないって、諦めればよかったのか?
人が近づくと、駆け寄ってくるこの子達を。虐待で傷付けられた子達を。
涙が出てきた。
怖がりなモコ太郎が、病院の入院室でどんなに緊張しているかと思うと、可哀想でならない。
やらなきゃいけないことが沢山あるから、今日だけ泣いて、明日からまた頑張ろう。
モコ太郎の生命力に恃むしかない。
そして翌日、風太の血液検査の結果は、肝臓の数値がさらに上がっていました……
つづきます。

☆確定申告、12月からの収支報告、滞っています。確定申告を終わらせてから、収支報告をアップする予定です。申し訳ございませんが今しばらくお待ちください。
- | permalink |