きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 天晴・血圧上がる | main | インドの浴衣と小物展 >>

さよならクロ太郎

IMG_1296.JPG
クロ太郎、9日21時8分に亡くなりました。

4月後半から下痢がなかなか止まらなかったのですが、先月20日から漢方薬を始めたところ、下痢止めを飲まなくても良いウンチをするようになりました。
よかった……これから漢方薬で免疫を上げて、栄養のあるご飯を食べればもっと元気になる、そう信じて疑いませんでした。
きっと回復する。
でも、クロ太郎は、食べているのにどんどん痩せてきました。

今月、お店営業終わった3日までは、だましだましでもご飯を食べてくれていたのですが、激痩せが気にかかり5日に病院へ。
この日はもう、ご飯をほとんど口にしませんでしたのでちゅ〜るを舐めさせました。
血液検査の結果は肝臓の数値がやや高いものの、他はそれほど問題なく。。。
漢方薬の種類を変えて様子を見て、それでダメなら、やはりステロイドをもう一度始めようと先生とお話しして
念のためレントゲンをお願いしたところ、胸水が溜まっていることが分かり、抜いてもらいました。
検査結果を待たずにステロイド開始。
坂道を転がり落ちるように状態悪化し、水も飲めなくなり、7日には自力で動けなくなりました。

クロ太郎は7日から、うつらうつらと寝て過ごしました。苦しそうではありませんでした。
クロ太郎の様子を見ていて覚悟が決まりました。
もう病院に行くのはやめよう。
数日間の予定を変更し、出来る限りクロ太郎の傍にいることにしました。
この時はまだ、体の向きを変えるときに抱っこして体を拭いていると、ゴロゴロ言いながら尻尾を振ったり、にゃーと鳴いたりしていました。

うとうと眠っているクロ太郎とふたりでいると、時間の流れが止まったような不思議な感覚になりました。
目はもう見えていないようでしたが、話しかけながら体を撫でると、クロ太郎は私の方に顔を向け、優しく瞬きするのです。
「クロ太郎、今まで本当によく頑張ったね。えらかったね。うちに来てくれてありがとう。クロ太郎が大好きだよ」
そう話しかけると、尻尾をゆらゆらしたり、にゃーとお返事してくれたりしました。
抱っこすると私の手を握り返してきたり、部屋の外で他の子達が鳴くと、クロ太郎は返事をしたりしていました。

猫はそんなに多くのことは望んでいないのかもしれない。
美味しいご飯をお腹いっぱい食べて、安心して眠れる場所があること。
甘えん坊な子なら、大好きな人に撫でてもらったり、抱いてもらったりすること。
ひとりでいたい子なら、あまり構まわれないでマイペースに過ごすこと。
その子の体が亡くなる準備を始めたら、そのときは病院よりお家が良い。
この子達の望みなんて、これくらいなのかもしれないな、と、クロ太郎を見ながら考えていました。


9日の夕方から痙攣が始まりました。
もう頑張らないで逝っていいよ、と話しかけていましたがなかなか死ねず……
20時頃、私が抱っこしたらホッとしたような安らかな顔に変わり、呼吸も微かになりました。
そうか、抱っこが良かったんだね。

歩けなくなる直前、ヨダレを流しながら部屋をよろよろ歩き回り、最後は這いずりながら、私の膝に来ました。
クロ太郎が最後に自分で選んだ場所は、私の膝の上でした。
そうだったんだね、抱っこが良かったんだね。
そのまま21時8分に亡くなるまで、私の膝の上で過ごしました。
最期は、眠るようにとはいきませんでしたが、あまり苦しまずに逝けたと思います。
よく生きた、えらかった。最期まで本当によく頑張った。本当にえらかった。


結局、胸水の検査結果はクロ太郎が亡くなってから分かりました。悪性リンパ腫の縦隔型でした。
クロ太郎は全身状態が良くなかったので、あっという間に悪くなったのかなと思います。
悔いがないと言ったら嘘になります。
今までさんざん苦労してきた子、もっとしてあげたい事が沢山あったし、普通の家猫としてのんびり暮らして欲しかった。
いつもどこかしら痛くて、あっちを治療すれば今度はこっちが悪くなり。
痛みがなく、美味しくご飯を食べられたのは、7ヶ月間でたったの15日でした。
優しくて我慢強くていじらしい、クロ太郎が可哀想でなりません。
最後の最後に、よりによって呼吸が苦しくなる縦隔型リンパ腫になるなんて、あんまりじゃないか。
でも、やっと、やっと、やっと、クロ太郎は
、どこも痛くない苦しいこともないクロ太郎になりました。

昨日、クロ太郎を火葬しました。
保護した時も雨でしたが、火葬の日も嵐のような大雨でした。クロ太郎は雨男かな?
水も滴る良い男だもんね。男の中の男のだもんね。
保護した時も、最期も、クロ太郎が私を選んでくれた。
クロ太郎の優しさと愛に、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。
最期を看取らせてくれて、ありがとうね。クロ太郎。
火葬が終わり気が抜けたら、寂しさが押し寄せてきました。
クロ太郎に会いたいです。
- | permalink |