きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 同じトーンで纏める | main | テレビ鑑賞 >>

渋いのも素敵です

IMG_3238.JPG
落ち着いた淡い焦げ茶地に、松の柄が散らばったアンティーク泥大島紬着物。
凄く渋くも見えますが、松がポップにも見えてくる…
現代物の大島紬だと、お召しになる年齢層が高く無難な柄が好まれる為、茶屋辻模様なんか多いですね。
こんな風にシンプルな柄がポンポンと置かれてるのは、珍しく感じます。とてもお洒落。

くすんだような青地に筆文字が粋な、アンティーク昼夜帯を合わせて。
こちらの帯もカッコイイですよね〜。
裏の黒繻子を少し覗かせて結んでも、江戸っぽくて素敵です。
青の方は古い縮緬の生地なんですが、昔の縮緬は良いですねぇ…
ふっくらと角出し結びにしたら、後ろ姿を振り返ってみたくなるほど、小粋ですよ。
こんなシックなコーディネートには、白い帯締めがお気に入り。
清潔感がプラスされるし、すっきりキリリと纏まりますよ。
- | permalink |