きなこ

アンティーク着物・雑貨・古本
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

渋いのも素敵です

IMG_3238.JPG
落ち着いた淡い焦げ茶地に、松の柄が散らばったアンティーク泥大島紬着物。
凄く渋くも見えますが、松がポップにも見えてくる…
現代物の大島紬だと、お召しになる年齢層が高く無難な柄が好まれる為、茶屋辻模様なんか多いですね。
こんな風にシンプルな柄がポンポンと置かれてるのは、珍しく感じます。とてもお洒落。

くすんだような青地に筆文字が粋な、アンティーク昼夜帯を合わせて。
こちらの帯もカッコイイですよね〜。
裏の黒繻子を少し覗かせて結んでも、江戸っぽくて素敵です。
青の方は古い縮緬の生地なんですが、昔の縮緬は良いですねぇ…
ふっくらと角出し結びにしたら、後ろ姿を振り返ってみたくなるほど、小粋ですよ。
こんなシックなコーディネートには、白い帯締めがお気に入り。
清潔感がプラスされるし、すっきりキリリと纏まりますよ。
- | permalink |

同じトーンで纏める

IMG_3242.JPG
一昨日アップした、矢羽根の銘仙に合わせた更紗帯で、イメージの違うコーディネートを考えてみました!
淡ーいベージュ色地に幾何学模様の現代物大島紬着物。
一見地味に見えるお着物ですが、模様に藤色や萌黄色が入っているので…
帯合わせ次第で明るくなったりシックになったり、印象を変えて楽しめると思います。

モザイク画風の更紗名古屋帯とは、トーンが同じなので品良く纏まりますね。
上品な若奥様という感じかな。
でも、このコーディネートは若いお嬢さんがお召しになっても素敵。
お洋服感覚でサラッと着こなしてる感じがする。
都会の街にもすっと馴染んで、お洒落です。
- | permalink |

近くで見ると

IMG_3237.JPG
ひとつ前にアップしたコーディネートのお着物。
近くで見ると、こんな感じ!
色味はこちらの方が実物に近いです。
紅型染め特有の華やかさですが、色味が落ち着いていて、お召しになりやすいと思います。
型染めって素朴な味わいが可愛いんですよね〜。
でも、こちらのお着物は素朴さよりも緻密で繊細。
柄のひとつひとつ、色のひとつひとつ、とても奥深くて好み。
じーっと眺めていると時間を忘れてしまいます。
- | permalink |

紅型と塩瀬

IMG_3236.jpeg
サーモンピンク地に、四季折々の花々がモチーフの現代物紅型染め縮緬着物。
ぽってりとした縮緬の風合いと、紅型にしては落ち着いた色彩が素敵です。
紅型染めはやっぱりとても高価なので、中古で状態の良いものを見つけられたらラッキー。
こちらのお着物、サイズもたっぷりで超美品です。

ふわっと滲んだ花模様の手描き塩瀬名古屋帯を合わせて。
僅かに青味をおびた、墨の濃淡が大人っぽい。
塩瀬の帯も、お着物好きなら一本は欲しい品ですよね。
優しく女らしい雰囲気の良い絵柄です。
大島紬に合わせたり、柔らか物の小紋に締めてもよし、シンプルな縞に合わせても良い。
しつけ付き未使用品です。おススメです〜。
- | permalink |

美しい昔の着物と帯

IMG_3575.JPG
目のさめるような鮮やかな青。
そこに優雅な花模様が、市松風に置かれてる。
美しい、昔の着物。
縞の地紋の錦紗縮緬は、とろっとした肌触り。身体に沿うて落ち感も綺麗。
ラメ糸のチラチラ光るのと地紋の縞の艶が、縦のラインを際立たせてくれます。
約100年前のお着物ですが、状態とても綺麗で身丈もたっぷりめ。
もう、こういうお着物、ほんとうに少なくなっているので…これだけ美品はなかなか見つからないと思います。

優しいアイボリー地に葉鶏頭と菊の花が手描きされた、アンティーク昼夜帯。
地紋は銀杏の葉。
綺麗だなあ〜、美しい昔の帯。
引き抜き結びの柄付けだった物を、結びやすいように仕立て直してあります。
- | permalink |